日本で販売されている日本製品のほとんどが中国で製造されています。

中国で製造された「日本製品」は日本へ輸出され、また中国国内でも「日本製」として販売されています。

それにもかかわらず中国人が日本へ行って中国で製造された「日本製品」を買っています。

中国で買うより日本で買った方が安いという理由もありますが渡航費を考えれば決して合理的な方法ではありません。

 

日本で買うことにこだわる理由は偽物です。

日本には偽物がないという安心感です。

 

中国で偽物に遭遇しないことはまずありません。

通販サイトには偽物が溢れ、デパートでも正々堂々と偽物が販売されています。

悪意で偽物を販売しているだけではなく、偽物であることを知らずに販売している場合もあります。

いまや中国で買う限り偽物を買ってしまうリスクを避けて通ることはできません。

 

日本で買えば偽物を買ってしまうリスクを回避することができますが、すべての人が日本へ行けるわけではありません。

日本直送品が好まれる理由は、日本で販売されている商品だから偽物の心配をする必要がないこと、関税が課せられるにせよ日本へ行く渡航費に比べれば安く日本製品を入手することができること、です。

 

中国の偽物事情を考えると、日本から中国の消費者へ商品を直送するという方法を検討しない訳にはいきません。

日本の企業が中国の消費者に商品を直送する方法は、これまで個人輸入に対して税率を軽減する簡易課税制度が適用されていました。

最近は中国人の個人輸入の利用が増えてきたことから、税率を上げたり税関での開封率を上げて税関検査を厳格化していますが、偽物を買うリスクを回避したいという心理に変わりはなく、個人輸入を利用するケースが今後も増えていきます。

参考 税関総署国家税務総局 越境EC販売輸入税政策通知

参考 中国人の海外製品購入における10年間の変化 海外通販時代へ


弁理士 田中智雄
田中特許事務所(静岡駅徒歩5分)
054(266)3888
www.zepto.jpn.com