中国人と日本人が国際結婚する場合、ほとんどの場合、中国で最初に婚姻手続きをした後に、日本で届け出をするケースが多いようです。

中国人と国際結婚する場合は、最初に中国で婚姻手続きをしないと、中国で婚姻の効力が発生しないから、と言われているようですが、全くそんなことはありません。

日本で最初に婚姻手続きをし、その後に中国で届け出をしても問題ありません。

 

中国人との婚姻手続きを日本でする場合に必要な書類に、配偶者となる中国人の婚姻要件具備証明書があります。

婚姻要件具備証明書は駐日中国(総)領事館で発行してもらうことができますが、現在、短期滞在目的で日本に来ている中国人に対しては婚姻要件具備証明書の発行を中止しています。

 

婚姻要件具備証明書が発行されない場合は、中国側で配偶者となる中国人の未婚証明書、さらに両親及び本人の「常住人口登記卡」を発行してもらい、それらの書類の日本語訳を市区町村に提出すれば婚姻届けが完了します。

その他にも、「血縁もしくは婚姻関係による障害その他、本国の法律上のいかなる障害も存在しないことを確信する」旨の申述書(中国語)及びその日本語訳を提出します。

市区町村に提出する日本語訳は、だれが翻訳しても構いません(配偶者となる日本人が翻訳しても構いません)。

 

日本での婚姻手続きが済んだら、次は中国で婚姻を届けるための書類を用意します。

市区町村で「婚姻受理証明」を発行してもらい、その証明に外務省の認証を得ます。

外務省で認証を得た証明に、今度は駐日中国(総)領事館で認証を得ます。

 

外務省及び駐日中国(総)領事館で認証を得た婚姻受理証明を中国側に提出し、中国人配偶者の戸籍を未婚から既婚に書き換えてもらいます。

 

なお日本で最初に婚姻手続きをした場合は、中国で最初に婚姻手続きをしたときに交付される当事者の顔写真入りの婚姻証は交付されません。

 

併設の行政書士事務所で国際結婚の相談を行っています。


弁理士 田中智雄
田中特許事務所(静岡駅徒歩5分)
054(266)3888
www.zepto.jpn.com