総経理と書かれている中国企業の名刺を多く見かけます。

総経理は日本でいう社長です。

総経理=社長だからという理由で、その人物が企業を代表していると思い込んでしまうことがありますが要注意です。

日本では、社長と言えば企業の代表権を有することがほとんどなので、そのような思い込みをしてしまうのですが中国は違います。

中国企業の代表権を有する肩書は董事長です。

その人の肩書が総経理であっても、代表権を有する董事長である場合もあるし、代表権がない総経理である場合もあります。

 

「総経理」の肩書を持つ人物が代表権がある董事長も持つのか、代表権がないただの総経理なのかは、契約を交わすときには重要です。

代表権を持たない総経理が署名した契約書を交わし、後日、トラブルになったときに相手から否認されてしまうことがあるからです。

代表権の有無を確かめるためには最新の営業許可証を確認するのが一般的です。

年度検査制度が変更になり、紙の営業許可証を発行しない行政区もあるので、全国企業信用情報公示システムにアクセスして確かめる方法が確実です。

参考 中国企業と取引するときに必要な企業情報・信用情報を調べる方法


弁理士 田中智雄
田中特許事務所(静岡駅徒歩5分)
054(266)3888
www.zepto.jpn.com