全ての発明が他人の模倣から保護されるわけではありません。

世の中には特許制度の利益を得ている発明と、特許制度の利益を得ていない発明があります。

特許制度は発明を他人の模倣から守るための制度です。

発明を他人の模倣から守りたいなら特許制度を利用して単なる発明を特許発明に昇華させる必要があります。

 

特許制度があるにもかかわらず、特許制度を利用していない発明は、特許制度の利益を受けることを放棄した発明です。

つまり特許発明に昇華させていない単なる発明は、だれでも模倣して良い発明を意味します。

 

もっとも特許制度の利益を得たくても特許制度が要求するレベルに達していない発明は、特許発明に昇華させることはできません。

この場合はノウハウとして独自に他人の模倣から守るしかありません。

 

全ての発明のなかから特許制度の利益を得ることができる発明を抽出して特許発明として保護する特許制度は、発明は原始的には模倣自由であることを意味します。

 

これに対して著作権制度は特許制度のような審査や登録を必要としません。

コンテンツが創作された時点で他人の模倣から守るための著作権が与えらます。

 

全てのコンテンツに対して何ら手続きをすることなく著作権を与える著作権制度は、コンテンツは原始的には模倣禁止であることを意味します。

 

「権利の上に眠る者は保護に値せず」という法諺があります。

本来、権利の時効消滅を例えた諺ですが、特許を受ける権利を有する者が、その権利を行使しないなら、発明を模倣から守る権利を得ることができない、と例えることができそうです。


弁理士 田中智雄
田中特許事務所(静岡駅徒歩5分)
054(266)3888
www.zepto.jpn.com