商標を登録する目的は商標を独占して使用するためではありません。

商標が使用できなくなるリスクを回避するためです。

 

商標を登録しなくても商標を使用することはできます。

独占的に使用することはできませんが、商標を使用することはできます。

 

しかし商標を第三者が登録したら、商標を使用することができなくなるかもしれません。

 

 

中国ビジネスを考える場合、商標を登録しないことのリスクを常に考えておく必要があります。

 

相手に商標を登録されてしまうリスク。

相手から商標の使用中止を求められるリスク。

相手から損害賠償を請求されるリスク。

中国工場の操業を停止させられるリスク。

中国税関で通関が停止されるリスク。

模倣品の拡散を阻止できないリスク。

 

これらのリスクは中国で商標を登録しておけば対応できるものばかりです。


弁理士 田中智雄
田中特許事務所(静岡駅徒歩5分)
054(266)3888
www.zepto.jpn.com