前回、中国では小規模な模倣品は摘発され難いという事情を紹介しました。

参考:中国が模倣品天国であり続ける理由。見逃される小規模な侵害

中国が模倣品天国であり続ける理由。見逃される小規模な侵害

 

中国が模倣品天国であり続ける理由は他にもあります。

 

 

商標権の侵害とは、登録商標と同じ又は似ている商品を、商標が登録されている商品・サービスと同じ又は似ている商品・サービスに使うことです。つまり、

「登録商標と同じ商標を、登録されている商品・サービスと同じ商品・サービスに使うこと」

「登録商標と同じ商標を、登録されている商品・サービスと似ている商品・サービスに使うこと」

「登録商標と似ている商標を、登録されている商品・サービスと同じ商品・サービスに使うこと」

「登録商標と似ている商標を、登録されている商品・サービスと似ている商品・サービスに使うこと」

の4つの形態で使うと商標権の侵害になります。

 

ところが中国の刑法に規定されている登録商標冒用罪(刑法213条)には、登録商標と同じ商標を同じ種類の商品・サービスに使う場合しか規定されていません。

つまり登録商標と似ている商標を使っても犯罪ではなく、登録されている商品・サービスと似ている商品・サービスに使っても犯罪ではない規定になっています。

 

登録商標をそっくりそのまま使う摸倣は少なく、文字や図形の一部を変えた摸倣が多いのですが、文字や図形の一部を変えた商標は登録商標と同じではないため、刑法の登録商標冒用罪には当たらないことになります。


弁理士 田中智雄
田中特許事務所(静岡駅徒歩5分)
054(266)3888
www.zepto.jpn.com