東南アジアのハブ国家であるシンガポールで商標を登録する企業が増えています。

シンガポールで登録する商標の文字にアルファベットを使うことが多いのですが、今後は香港と同じようにアルファベットの他に漢字の商標を登録しておいた方が安全です。

シンガポールは英語を公用語としますが、英語の他にも中国語を公用語とする漢字圏の国です。

実際、シンガポール人の約75%を華人が占めています。

また模倣品対策をするうえでもシンガポールに漢字の商標を登録するメリットがあります。

シンガポールは模倣品の製造国ではありませんが、中国で製造された模倣品がシンガポールを経由して輸出されています。

シンガポールで漢字の商標が登録されていれば、中国からシンガポールを経由して輸出される模倣品をシンガポールの税関で阻止することが期待できます。


弁理士 田中智雄
田中特許事務所(静岡駅徒歩5分)
054(266)3888
www.zepto.jpn.com