著作権法が禁止する行為は権利者に無断でコンテンツを複製等する行為です。

権利者に無断でコンテンツを視聴することを現行の著作権法は禁止していません。

著作権のことをコピーライトという理由はまさにここにあります。

 

しかし良く考えてみるとコンテンツを複製する理由はコンテンツを視聴するためです。

コンテンツを複製してもコンテンツを視聴できなければ、コンテンツを複製する意味がありません。

 

それにもかかわらず著作権法はコンテンツの無断視聴を禁止せず、コンテンツの無断複製等だけを禁止しています。

だから著作権は理解しにくいのです。

 

著作権法が保護するのは価値のあるコンテンツです。

そのコンテンツを保護するのであれば、本来ならコンテンツの無断視聴を禁止するのが直接的は方法です。

 

しかし誰がコンテンツを視聴したかを把握することはできません。

著作権法が無断視聴を禁止していないのは、禁止したくても人の視聴行為を把握することができないからです。

 

コンテンツを無断で視聴するためには、コンテンツを無断で複製したり、譲渡したり、送信したりすることが行われます。

視聴行為を把握できなくても、複製や譲渡や送信の行為なら把握することはできます。

 

そこで著作権法は無断で視聴する前に行われる無断複製等を禁止することで、間接的にコンテンツの無断視聴を禁止するという方法を採っています。


弁理士 田中智雄
田中特許事務所(静岡駅徒歩5分)
054(266)3888
www.zepto.jpn.com