特許出願をするときに提出する願書には、発明者と出願人を特定しなければなりません。

同じ願書の記載でも発明者と出願人とでは享受できる利益が全く違います。

 

発明者は発明の完成と同時に特許を受ける権利を持つことができます。

その発明者から特許を受ける権利を譲り受けた者が出願人です。

 

特許の世界では、発明を完成させるまでは発明者が主役ですが、特許出願をした後の主役は出願人です。

出願人はのちに特許権者になります。

特許権者は、特許発明を独占排他的に実施したり、ライセンス供与してライセンス収入を得たり、特許権を譲渡して対価を得ることができます。

 

これに対して発明者が享受できる利益と言えば、発明者として特許証に氏名が掲載される程度の名誉しかありません。

発明者といえども特許権者に無断で特許発明を実施すれば特許権の侵害に当たります。

 

発明者が特許を受ける権利を譲り渡すとき、このときが発明者が利益を享受できる最初で最期のチャンスです。


弁理士 田中智雄
田中特許事務所(静岡駅徒歩5分)
054(266)3888
www.zepto.jpn.com