中国で出願した商標は工商局で受理されます。

出願が受理されると初歩審査と実体審査が行われます。

初歩審査と実体審査という2つの審査をパスすると出願された商標が「公告」されます。

差止め請求権や損害賠償請求権という商標専用権が発生する起点が「公告」です。

出願から公告までの間に、第三者が出願された商標を無断で使用しても専用権を行使することはできません。

 

商標を公開するというルールがない中国では、出願した商標は公告まで公開されないことになっています。

ところが実際には出願から3ヶ月程度で工商局のデータベースに出願された商標が公開されています。

このデータベースは誰でも簡単に無料でアクセスできます。

 

データベースにアクセスし、公告される前の商標を見た第三者が無断で商標を使用することも考えれます。

ところが公告される前の商標を無断で使用したとしても専用権を行使できません。

 

なお日本では出願してから登録されるまでの間に、出願した商標を無断で使用している第三者に対して金銭の支払いを求めることができる金銭的請求権があります。


弁理士 田中智雄
田中特許事務所(静岡駅徒歩5分)
054(266)3888
www.zepto.jpn.com