登録商標と同じ商標を使わず、書体、色、配置などを変えて使うことがあります。

登録商標以外に書体、色、配置などの外観が類似する商標を使うということは、市場には外観が類似する純正商標がたくさん流通することになります。

このような商標は、模倣業者からみると模倣しやすい商標と見られてしまいます。

 

模倣品についている商品タグをみると、ひらがなやカタカナが間違っている場合が少なくありません。

「ち」と「さ」、「ワ」と「ク」、「り」と「リ」、「シ」と「ツ」など、日本人がみれば明らかに間違えだとわかるようなミスがたくさん見つかります。

商品タグを模倣するときと同じことが商標の模倣でも起こります。

 

書体、色、配置などの外観が純正商標と少しくらい違っていてもバレるはずがないと考えます。

 

権利者が登録商標と類似する商標を市場に流通させてしまうと、市場には登録商標と類似する純正の商標と、登録商標と類似する模倣商標とが混在することになります。

 

消費者が純正商標と模倣商標を混同するばかりではなく、権利者も純正商標と模倣商標の区別がつかなくなってしまいます。

 

商標を使うときは登録商標と同じ商標を正確に使うこと、商標を登録するときは使用する商標を登録することが模倣品対策になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


弁理士 田中智雄
田中特許事務所(静岡駅徒歩5分)
054(266)3888
www.zepto.jpn.com