中国では、ブランド名を構成する文字や図形の一部を変えたロゴマークを商標登録したり、商品に付けて使用してしまうことが少なくありません。

似ているから商標登録できないだろう、と思っていたのに、そのロゴマークが実際には商標登録されてしまった。

似ているから商標権の効力が及ぶはずだ、と思っていたのに、そのロゴマークが実際には似ていないと判断されてしまった。

このようなことは、商標の現場では決して珍しくはありません。

 

確かに、商標法では、登録商標と同じロゴマークだけではなく、登録商標と似ているロゴマークも他社が登録したり使用したりすることを規制するルールがあります。

しかし、商標法で規定している「同じ」と「似ている」とでは、判断の難易度が全く異なります。

登録商標と同じという判断することは簡単でも、登録商標と似ていると判断することは簡単なことではありません。

 

登録商標と同じという判断は客観的です。

だれが判断しても同じという判断をすることができます。

ところが登録商標と似ているという判断は主観的です。

ある人は登録商標と似ているという判断をしても、別のある人は登録商標と似ていないと判断するかもしれません。

日本では登録商標と似ていると判断する人が多くても、中国では登録商標と似ていないと判断する人が多いかもしれません。

大事なブランドを、このような曖昧で主観的な判断に委ねておくことは危険です。

登録商標と似ているという主観的な判断に委ねるのではなく、登録商標と同じという客観的な判断をして貰う必要があります。

そこで、登録商標と似ているロゴマークも商標登録しておき、本命の登録商標を包囲して本命の登録商標を防衛するという方法があります。

 

インターネットの世界では、ブランド保護のために、複数のドメインを一括登録することが行われています。

例えば、sonyというブランドを含むドメインを取得する場合、sony.comだけではなく、sony.jpやsony.orgなどのドメインも登録しておき、他社がsonyを含むドメインを取得できないようにしておきます。

 

商標登録の場合も、sonyというロゴマークの商標登録だけではなく、sonny、soney、sonieというように、sonyと似ているロゴマークの商標も登録しておき、他社がsonyに似ているロゴマークの商標を登録したり使用できないようにしています。

 

商標のトラブルは、似ているかどうかの判断で解釈が分かれることが原因です。

似ているという判断の余地を作らないことがトラブルを未然に防ぐ方法でもあります。


弁理士 田中智雄
田中特許事務所(静岡駅徒歩5分)
054(266)3888
www.zepto.jpn.com