弁理士田中智雄が代表を務める靜岡の国際特許事務所 国内海外の特許・商標・中国ビジネスについて実務及び法律の両面から対応

よくある質問

輸入差止めの申立てとは何ですか

輸入されようとする貨物に対して重点的に検査を行ってもらうための手続きです。

Back To Top

輸入差止めを申立てることができる知的財産権の種類は何ですか

特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権・著作隣接権・育成者権・不正競争防止法違反物品です。

Back To Top

輸入差止めの申立てはどのように行うのですか

「輸入差止申立書」に必要な事項を記載して最寄の税関に提出します。

Back To Top

輸入差止めは全て受理されるのですか

記載形式などの審査の他、対象となる貨物が侵害しているかどうかの審査を行い、受理するかどうかを決めます。

Back To Top

内部に特徴がある場合でも輸入差止めを申立てることはできますか

できます。 内部に特徴のある貨物の外装や輸入者の情報を申立書に記載します。 税関はその情報を手掛かりにして貨物を見つけます。

Back To Top

認定手続とは何ですか

知的財産権を侵害する貨物であるかどうかを判断する手続きです。

Back To Top

認定手続において権利者が知ることができる情報は何ですか

輸入者の氏名・住所、輸入貨物の個数、輸出者の氏名・住所などの情報です。

Back To Top

認定手続で権利者は何をするのですか

輸入者が輸入しようとする貨物が権利者の知的財産権を侵害するかどうかの意見を提出します。

Back To Top

貨物を点検することはできますか

権利者が輸入差止めを申立てていれば点検することができます。

Back To Top

点検と見本検査の違いは何ですか

点検が貨物の外部から確認するのに対して、見本検査は貨物を分解したり分析することができます。

Back To Top

類似の範囲はどのように判断しているのですか

当事者からの意見に基づいて判断する他に、特許庁長官の意見を聴いて判断する場合もあります。

Back To Top

認定手続にはどの程度の期間がかかるのですか

一か月程度かかります。

Back To Top

認定手続の結果に納得できない場合はどうするのですか

税関長に対する異議申立ての他、裁判所に対して行政訴訟を提起することができます。

Back To Top

通関解放とは何ですか

輸入者からの求めにより貨物を通関させることです。

Back To Top

通関解放するために必要なものは何ですか

通関解放金の供託が必要です。

Back To Top

並行輸入品は侵害ですか

侵害になる場合と侵害になる場合があります。

Back To Top

PAGETOP
Copyright © 田中特許事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.