守秘義務契約、ライセンス契約、著作権譲渡契約など、取引を始める場合には契約書の締結が必要です。

契約書というとインターネットで公開されている雛形を使えば良いと思っている方がいるかもしれませんが、契約書の雛形というのはどのような取引にも当てはまる共通条項しか記載されていません。

 

契約書を交わす目的は、取引を始めるときに考え方が異なる当事者がお互いに納得できるルールを定めることです。

人が考えることに同じものはありません。

取引の内容に同じものはありません。

異なる考えを持った人たちが新しい取引を始めようとするときに交わす契約書なので、その内容が雛形と同じということはありません。

仮に雛形の契約書で契約を交わしたとしたら、その契約は実は何も決めていないことと同じです。

 

どのような取引にも当てはまる共通条項しか記載されていない雛形の契約書のメリットは、契約を交わす当事者間に異論がないことです。

取引の共通条項しか記載されていないので、異論がないのは当たり前のことです。

逆に言えば、本気で契約書を作成したら、当事者間にとって不満足な条項ばかりになるはずです。

 

契約を成立させるということは、お互いが交渉しながら、相手の考えと自分の考えが異なる場合にできるだけすり合わせながら着地点を探すという作業に他なりません。

そのような作業の結果、完成した契約書は当事者間にとって不満足なのは仕方がないことなのです。


弁理士 田中智雄
田中特許事務所(静岡駅徒歩5分)
054(266)3888
www.zepto.jpn.com