他人のコンテンツを無断でコピーしたり配布したりすることを著作権法では侵害と規定しています。

著作権を侵害する「複製」等の行為は刑事罰の対象にもなる悪質な行為ですが、本当に著作権侵害は悪いことなのでしょうか。

 

コンテンツを作っただけで満足する人はいないと思います。

誰かに読んでもらいたい、誰かに聴いてもらいたい、コンテンツを創った自分の存在を知ってもらいたい、と思うはずです。

そんなときに便利な方法がインターネットを使った拡散です。

 

コンテンツを無断で拡散することが著作権の侵害であると認識されていますが、コンテンツを創作した人の全てが、「拡散」を望んでいないとは限りません。

本当は無断で拡散してもらいたいと思っているのかもしれません。

 

著作権侵害に該当しても、無断で「拡散」してもいいと思っている人にとっては、その「侵害」は悪いことではなく良いことなのです。

今後、著作権の侵害が非親告罪になる可能性が高くなってきました。

良い殺人・悪い殺人という観念がないから、殺人をしたら被害者が親告しなくても刑事罰を科すというのはわかります。

良い「拡散」・悪い「拡散」が観念できる以上、無断で「拡散」したらコンテンツを創作した人が「被害」を親告しなくても著作権侵害として刑事罰を科すというのは如何なものでしょうか。


弁理士 田中智雄
田中特許事務所(静岡駅徒歩5分)
054(266)3888
www.zepto.jpn.com